#NALP
断酒宣言はこちら≫
断酒コミュニティ≫

【支援募集】アルコール依存症を中心に扱う「小さな出版社」を立ち上げたい!【クラウドファンディング】

アルコール依存症などのお酒問題を主に扱う出版社を立ち上げたいと思い、その費用をクラウドファンディング形式で支援募集します。

現在の活動

ほぼアルコール依存症だった僕自身の経験や、依存症について学んだことをこのブログに書き、電子書籍および自主制作の書籍として販売しています。

↑自主制作した書籍販売ページはこちら

電子書籍版と合わせ、これまで200人以上の方にご購入頂き、お礼のメッセージなども頂きました。

 

出版社登録をしたい

これらの経験から、今後は個人的な自主制作としてではなく、正式に出版社登録をし、アルコール問題を中心とした本を発行したいと考えています。

 

 出版社登録をする理由

出版社として登録することでAmazon販売も可能になりますし、(参入ハードルは高いですが)書店で取り扱ってもらうことも可能になります。流通経路も広げられ、同じ悩みを抱える人に少しでも届けやすくなるためです。

そこで、出版社としての登録費用(ISBNコード取得費用)21,600円と1冊目のJANコード取得費用10,800円、あわせて32,400円を目標金額として募集します。

※今回は法人としての会社設立ではなく、個人事業主としての登録のみをおこないます(出版社は個人事業でもOKなので)

 

お返しについて

支援をして頂いた方にはお返しとして初回出版物の中にサンクスページを設け、サポーターとしてお名前を印刷させていただきます!

※購入名目(商品名)は【サンクスページへのお名前掲載の権利】とし、デジタルデータのサンキューカードをお渡し致します
※ご支援頂いた順で「**県 〇〇 □□様」というふうにフルネームで掲載します
※ニックネームご希望の方は必ず備考欄にその旨をご記載ください

 

目標達成しなかった場合

目標金額に到達しなかったとしても、実費で出版社の登録をおこないます。(サポートして頂いた費用は実費にプラスして使わせていただき、サンクスページにも掲載させていただきます)

 

クラウドファンディングという手法を使う理由

「3万円くらいの費用をわざわざ人からもらうなんてセコい!」

と思う人もいるかもしれません。ですが、お金がないから募集するって話じゃないんです。先程も書いたとおり、僕としてはお金が集まらなくても自分自身で出版社登録をする予定です。実際に、今までもすべて実費で手帳などを作っていますし。(もちろん、個人で印刷物を作るのもそれなりにお金がかかるのでずっと赤字で苦しいんですが、そこは覚悟の上でやってます)

クラウドファンディングという、寄付に近いような仕組みを使う理由はわりとシンプルで

みんなと一緒に作っていきたいから

なんです。

ドラゴンボールの元気玉ってご存知でしょうか?悟空が「おらに元気を分けてくれ!」って言いながらみんなから少しずつ力を集め、とてつもなく大きな力にするワザ。

クラウドファンディングってまさに元気玉だと思うんです。みんなから少しづつパワーを分けてもらい、何かを形にする。

 

過程が違えば、結果の先が変わってくるはず

僕一人が3万円を出して立ち上げても、60人から500円ずつもらって立ち上げても、結果は同じです。でもその過程が違います。そして、過程がちがうことで、一見同じに見える結果であっても、結果の先が変わってくると思うんです。

出版社登録をするとき、登録されるのは僕の名前だけです。でもそのうしろには60人の支援者がいるんです。これだけですでに心強いですよね。人ってロジックだけで生きているロボットじゃないくて、感情で生きています。だからこそ、そういう見えない繋がりがパワーになるんじゃないか?と思ってるんです。

 

支援をよろしくお願いします!

目標金額32,400円、一口500円で支援を募集しています!どうぞよろしくお願い致します。

※お支払いはクレジットカードまたは楽天ペイとなります
※ご支援頂いた順で「**県 〇〇 □□様」というふうにフルネームで掲載します
※ニックネームご希望の方は必ず備考欄にその旨をご記載ください