≫youtubeチャンネル
断酒コミュニティ≫

【オリジナル断酒成功術】レコーディング断酒メソッドについて

【オリジナル断酒成功術】レコーディング断酒メソッドについて

昨日はミニ忘年会のような飲み会に呼んでもらいました。参会者はハイボールやビールをグビグビ飲んでたんですが、僕はノンアルコールをお付き合い程度に2杯ほど。

精神力で我慢してるような断酒法だったら確実にココロが折れてたような環境ですが、本当に全くなんとも思いませんでした。飲んでる人のことはもちろん、お酒に対しても批判的な気持ちもないし、飲みたい気持ちなんて1mmもありませんでした。(酒のんでうるさかった隣の席の人はウザかった)

そんな僕自身の断酒法を、経験をベースにどうにかまとめられないかな〜と最近思ってるんです。

 

断酒を成功に導くためのポイントは3つ

僕が断酒に成功した理由を振り返ると、

・インプットとアウトプット(=記録)
・リマインド(=断酒の決意を常に思い出す)
・断酒を楽しむ

この3つが非常に重要だなって思うわけです。

記録をつける大切さ

断酒を成功させるにはまず、記録を取ること、つまりレコーディングがとても大切です。(レコーディングダイエットってありますよね)

何を記録するのかって言うと、自分自身が断酒を継続している事実や、断酒を通じて感じたこと、体調の変化など。そういうことをブログやノートに記録してたんです。

 

断酒の決意を忘れないこと

人は忘れっぽい生き物です。そしてどうしても自分に甘くなるものです。
「今日くらいはいいか!」
と、決意がゆらぎ、その一回がきっかけで断酒自体がストップしてしまいます。お酒というのは人のココロや体の判断力を鈍らせますから、余計に泥沼です。

断酒の決意を常に思い起こすこと(リマインド)がかなり重要です。

 

断酒を深刻に捉えず、まず楽しむ

お酒をやめたい、そんな悩みを抱えてるときって精神的にも落ち込んでいたり、暗い気持ちがありますよね。
「やめたいけど、やめたら友達も減るし人生楽しくないんじゃないか…」

そんなふうに悩む気持ちはすごくよくわかります。

でも、暗い気持ちや後ろめたさみたいなものがあるとココロに負担がかかります。だから余計にお酒にすがりそうになります。

だから、僕は断酒そのものを楽しむことにしたんです。ブログで発信することはもちろん、毎日体重計にのって痩せていくのを楽しんだり、Sakeyametaと書かれたTシャツや帽子を作ったり。(ショップで販売中です)

 

何かを手放すと新たに出会うものです

飲み友達はいなくなるかもしれませんが、かわりに断酒仲間ができたり、スポーツなど別な趣味で繋がりができるもんですよ。それに、お酒の失敗で悩んでいた人の場合、お酒がなくなると生まれ変わったような気分で人生が楽しくなるんです。

僕自身がまさにそういう”第二の人生”を味わっています。このブログのコメント欄で出会った人たちも僕にとっては仲間みたいな気持ちで応援しています。(たくさんの断酒宣言がここに書き込まれています

 

そんな経験をベースにした断酒成功方法として【レコーディング断酒メソッド】をまとめたい

僕の経験則がすべての人に当てはまるとは思っていませんし、誰もが100%やめれるとも思っていません。

精神状態や依存具合によってぜんぜん違いますから。

でも、100人のうち5人10人の人になら効果があるかもしれませんよね。だって、少なくとも失敗続きだった僕が辞められてますから。

僕の考えは医学的な方面から見れば軽い感じだろうってことも自認しています。だからこそ、むしろカジュアルに断酒に取り組むメソッドとして、レコーディング断酒メソッドをまとめたいなぁって思うんです。

 

すぐにまとめることはできませんが、まずはオリジナルグッズでレコーディング断酒スターターセットを作ってみました。

 

興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

断酒・禁酒カテゴリの最新記事