#NALP
≫【断酒の御守り】販売中
断酒できる場所≫

死にたい時は【生きる意味より死ねない理由】を考えた方がいいかも。

死にたい時は【生きる意味より死ねない理由】を考えた方がいいかも。

なんだかエモいタイトルですが、感傷的になってるとかではありません。

お酒をやめる、断酒するっていう境地に至る人って、多かれ少なかれ心や精神を病んでいる人が多いんですよね。アルコール依存症ってうつ病との親和性高いですから。

かつての僕自身もそうです。生きる意味や働く意味を見いだせずもがき、人間関係に苦しみ、コンプレックスをかかえ、なんというか、生きづらさや居場所のなさを感じてました。

それらを誤魔化すためにお酒を飲み、現実逃避をしたり(偽りの)自信をまとうために変身したり。

 

若者の自分探しとは違う、灰色の精神状態

お酒に逃げ、お酒で自分を偽り、結局お酒に溺れ苦しんでいた時の僕は、生きる意味みたいなものを考えていました。これって、10代の若者が自分探しをするのとはぜんぜん意味合いが違うんですよね。

若者の自分探しって、なんというかモラトリアム期間のふわふわした感じ。色で言えば赤や黄色などの暖色系なんですよね。中2病に近いイメージを持ってます。そういう自分探ししてる人ってたいていは空回りしてるんですが、青春って感じで嫌いではありません。

でも、30歳を過ぎ、それなりに好きな仕事をしつつ、家族もでき、それでもなんだか居場所が無いような気分になる。そんな精神状態での「生きる意味」を考えることって、ものすごい負のループにハマりがちなんですよね。

色で言えばグレー。そのグレーの濃さは人によりますが、とにかく色彩がないんですよね。灰色の世界に漂ってるような、虚しい気持ちが押し寄せてくるんです。

僕はそういう気分を隠すために酒を飲み、元気で社交的な自分に変身してました。

 

負のループが続き酒が増え続けた

そんなふうにして自分を偽り、自分の心に蓋をしながら、良い父親、良い夫、良い仕事人を演じてたんですよね。そりゃ心もだんだん傷んできます。

そんな痛みを癒すためではなく、痛みを感じなくするために、麻酔薬としてお酒を大量に飲み、毎日酩酊してました。

そして酔いからさめた朝、気分の悪さと頭の痛さをバファリンで誤魔化し仕事をスタート。でもまともに仕事なんてできるわけもなく、ボーッとしながら

「俺、なんのために生きてんだろ…」

なんて思うわけです。

元気な今となっては笑い話ですが、当時の僕の心はかなり黒に近い灰色でしたから、シラフの時はとにかく気分がふさぎ込んでました。

 

心の中がゴミ屋敷

今思えば、心の中がゴミ屋敷だったなって思うんですよ。

負の感情が生まれたとして、それと向き合わず、上から布をかぶせたりビニール袋にくるんでぽいっと捨てる。そしてまた同じような感情が生まれた見えないように上から隠す。

こんなことの繰り返しで、心の中は負の感情で溢れかえり、常にイライラ、そしてクヨクヨしてました。そんな状況に変化を与えてくれる存在がお酒だったんです。そりゃ依存します。

 

お酒を飲む自分が大嫌いに…

負の感情が溢れかえり、それをお酒で誤魔化し、酔いが覚めるとクヨクヨ…。こんな状況にあって僕は生きる意味に悩み、死についても考えてました。

自殺しよう、とまでは思いませんでしたが、心のどこかで

「早く死にたいな」

と思ってたんです。だってもう、お酒の飲む以外どうにも気分を上げることができず、でもお酒ばっかり飲んでる自分は大嫌いになってましたから。

何度も断酒にチャンレジし、でも3日と続かず本当に自己嫌悪。そんな日々でした。

 

生きる意味なんてどうでもいいのかも。

それでもなんとか2017年の3月から断酒に取り組み、今のところはやめ続けています。

今回うまく行った理由は気合や根性ではなく、アルコール依存症の勉強をしたりお酒の害について学び、考え方をガラッと切り替えたことが大きいです。

その辺の話は本にまとめてます≫お酒をキッパリやめる考え方

 

そして、断酒を続けるうちに一つ気がついたことは、生きる意味を考えることにあまり意味はないんじゃないか?ということ。別に僕は自分の意思で生まれたわけじゃありません。単なる偶然です。

それに無理やり意味をつけようとするからしんどいのかな、と思うようになりました。ただ、意味がないから死んだってええやん、というつもりももちろんありません。

 

生きる意味より、死ねない理由

僕は信仰心があるわけでもなんでもなく、ただ自分なりに考えての感覚なので、変なことを言ってるかもしれません。でも、生きる意味なんか考えても仕方ないって思うんですよ、やっぱり。

たまたま両親のもとに生まれゼロからスタートしただけ。だから生まれた意味とか生きる意味もないゼロスタートなんじゃないかな、とか考えてるんです。

僕は兄や友達から

「お前、難しく考えすぎだろ」

って、否定的に言われることが多く、実はその言葉に悩んでました。でもこの性格は変えられないとあきらめ、最近では積極的に考えすぎるようにしてます

そのなかで、

「生きる意味を考えても堂々巡りなんだし、死ねない理由を考えよう」

と切り替えました。妻や子供もそうですし、仕事もそう。一人旅をしたい、とか、アレやりたい、という気持ちもそう。

なんのために生きてるかはよくわかりませんが、とにかく死ねない理由は結構あるんですよね。生きてるだけで丸儲けって感じで、とにかく今は死なずにやりたいことやろうって思ってます。

 

さいごに

なんだか重たい話題になってしまいましたが、別に病んでるつもりもありません。

むしろ、あの頃の自分は病んでたんだなって最近ようやくわかるようになったんです。嵐の真っ只中にいる時はわからなかったんですが、振り返るとわかる、そんな感じです。

それらを自分なりに振り返った結果が「生きる意味より死ねない理由」ということなんです。

 

ちなみに、「生きる意味より死ねない理由」というフレーズは好きなラッパーの歌の中で出てきた言葉の組み合わせ。それを聞いて言語化できたんです。ラッパーのjindoggさんに感謝感謝です。

コラムカテゴリの最新記事