#NALP
断酒宣言はこちら≫
断酒コミュニティ≫

アルコール依存症かも?な初期症状(1)体調が悪いのに飲む、酒で風邪が治るとか言い出す

アルコール依存症かも?な初期症状(1)体調が悪いのに飲む、酒で風邪が治るとか言い出す
The following two tabs change content below.
ナルプのテンチョー
散々お酒で失敗してたけど2017年3月に断酒!そして2018年秋から【"お酒のない人生"を楽しむ雑貨店 NALP】をオープン♪店名はナルプ。断酒手帳などなど発売中! 目標は【楽しみながらお酒をやめる】という文化を作ること。 2019年からツイッターはじめました〜

アルコール依存症やアル中と言われる人について、かなり悲惨な状態をイメージしてる人は多いと思います。(言い方は悪いですが)ホームレスのような見た目で道端に倒れてるような人を思い浮かべたりしてませんか?でも実際はそのような重度の依存症者は全体の9%程度と言われています。(米国保健福祉省のデータより)

一見普通な人がアルコール依存症だったりその予備軍です。

そこで今日からシリーズで「アルコール依存症かも?な初期症状」をご紹介します。

 

アルコール依存症かも?な初期症状(1)体調が悪いのに飲む

お酒を飲み始めたころって、酒のせいで頭が痛かったりしんどかったですよね。お酒は体に刺激を与える物質ですから、最初のうちは体が拒否反応として頭痛や胃痛をもたらします。

それがいつの間にかそんな症状もなくなり、楽しく飲むようになります。(耐性がついてる)

そしてさらにお酒の量が増えてくると、体調が悪くても飲む人が現れます。不調時に無理に飲んで吐いて後悔…て人はまだいいんですが、アルコール依存症の予備軍になってくると吐いたりはしません。

 

飲んだほうが風邪が治る!お酒で消毒!と「本気で」言い出す

体調が悪い時に

「よし、酒のんで消毒や〜!!」

って言う人がいます。まあ、僕も言ってました。笑

最初のうちは冗談なんですけどね、飲酒歴が長くなって気がついたら結構マジで言ってるんですよ。真顔で。

これ、ハッキリ言って

「海水を飲むとガンが治る」

とか言ってるくらい、ヤバイ発想だなって思うんです。

 

風邪気味の時に酒を飲むと治ったような気になるけど…

お酒を飲むと風邪の症状が和らぐことがあります。なぜなら、お酒には痛みを麻痺させる作用がありますから、喉の痛みなどを感じなくなります。また、少量のウィスキーなどであれば体がポカポカし、鎮痛作用とともに元気になったような気になります。

しかもアルコールがばい菌をやっつけてくれそうですよね。でもこれ、大間違いと言えるんですよね。

まず、お酒のアルコール濃度では殺菌作用はそもそも期待できません。

少量のお酒であれば確かにポカポカはするでしょうが、アルコールには利尿作用があります。つまり、脱水の可能性が高まります。風邪を引いた時は水分補給が大切なのに本末転倒です。それに、「お酒で消毒!」とかバカなこと言ってる人がおチョコ一杯のお酒で済むとは思えません。

つまり、温かい格好をして経口補水液などで水分補給し寝てるほうがよっぽどマシです。

 

お酒で風邪が治る、とか言ってる人はずっと体調悪そうで鼻をすすってる

これは統計があるわけでもないんですが、

「お酒で風邪が治る!」

とか言ってる人って、ずっと体調悪そうなんですよ。鼻をすすってたり、ボーッとしてたり。今から考えれば、あれは体調悪いのにたくさんのお酒を飲むから、二日酔いがダラダラと続いてるようなもんです。しかもビールなどで体が冷えてますし、脱水気味で鼻水や咳がとまりません。

 

慢性的な二日酔いはアルコール依存症の入り口

慢性的でゆるい二日酔いがずっと続いてるような状態って、まさにアルコール依存症の初期症状です。

普通の人なら二日酔いになった日にまた酒を飲まないですよね。だから三日目にはシャキっとしてるもんです。でも、二日酔いの次の日も二日酔い、その次の日も二日酔い……このループに入ってる人はヤバイです。

いわゆる、迎え酒を無意識に毎日してしまってるんです。

 

まとめ

お酒は百薬の長、なんて言葉があります。これ、あくまで適量を飲んだ場合の話です。日本酒1合レベル。

ストロングゼロとかハイボールの濃いめを飲んでる場合、350ml缶ですでにアウトです。

お酒は体にいい!という言い訳のもとお酒を飲む人ってたいていアホみたいに飲むんですよ。こういう『お酒は百薬の長 原理主義者』は危険です。

風邪をひいたら酒は飲まず、おとなしく寝てください。それでも飲まずにいれないなら、依存症かもしれませんよ。

 

アルコール依存症の特徴カテゴリの最新記事