≫youtubeチャンネル
断酒コミュニティ≫

断酒を成功させるには「お酒を飲まない」という習慣化がポイント

断酒を成功させるには「お酒を飲まない」という習慣化がポイント

断酒成功とはつまり、「お酒を飲まない」という行動の習慣化です。

人間は習慣でできている、とか、習慣で人は変わる、という本も多いですよね。これって本当にその通りだと思うんですよ。

 

お酒を我慢する、ではダメ

まず前提として、断酒とは飲酒を我慢する行為と考えてはいけません。我慢する、というのはつまり、

「本当は欲しいけど、欲しがりません」

と言ってるわけです。そんな気合いで押さえつけるようなやり方では、断酒に失敗します。

なぜなら、断酒は一生涯続ける必要があるからです。(健康診断のために数週間だけ禁酒する、なら気合いでいいかもしれませんが)

我慢するのではなく、習慣とすることがとにかく大切なんです。

 

習慣とは無意識に出来ること

習慣とは何かと言えば、無意識に出来ることです。寝る前に歯磨きする、オシッコを漏らす前にトイレに行く、これなんて完全に無意識ですよね。

けど、子育てをして気がつきましたが、人って最初のうちはかなり意識しないと歯磨きやトイレができません。(保育園に通う次男くんはゲームに夢中でオシッコを漏らすことがたまにあって泣きたくなります 笑)

 

飲酒行為という習慣

お酒を飲みたい、という気持ちをもったまま、それを押さえつけて我慢してても、結局飲んでしまいます。それこそ「無意識に」お酒に手が伸びます。

なぜか?

それは、飲酒行為が習慣になってるからですね。

 

習慣を切り替えるにはトレーニングが必要

習慣化に関する本ってたくさんあります。僕もときどき読みますが、どれを読んでもトレーニングの重要性が書かれています。

トレーニング法は色々とありますが、基本的には

  • 一つのトレーニングのみに取り組む
  • まず3週間〜1ヶ月が大切

というふうに書かれてることが多いです。

 

習慣化トレーニングは一つずつ

お酒をやめる理由はいろいろあるとは思いますが、たとえばダイエットや健康改善を兼ねたい場合、ついつい

断酒+食事制限
断酒+運動

というふうに、複数の行為を頑張っちゃいます。でもこれは失敗の元。酒やめたのにダイエットがうまくいかず落ち込んだりしてしまいますから。

無意識レベルの断酒習慣化を目指す場合、とにかく断酒だけにフォーカスするべきです。他のことを混ぜると課題が増え、心が折れてしまいがちです。

 

習慣化にはまず3週間〜1ヶ月が大切

課題を一つだけに絞りシンプルにチャレンジする、これがまずは大切です。そしてそのチャレンジにはまず3週間〜1ヶ月を目標にしましょう、とよく言われています。

人間は3週間程度継続することで徐々に無意識に習慣化できるようになってきます。つまり、習慣化の第一段階が3週間程度、ということ。

3週間〜1ヶ月というのは僕自身を振り返っても当てはまります。

そして習慣化の次の段階は3ヶ月とも言われています。3週間、3ヶ月、というふうにステップアップしましょう。

 

最後に

断酒の習慣化、なんて言うと

「お酒をやめるのは難しい!適当なこと言うな!」

と、怒られそうです。そう思うのは勝手ですから、勝手に怒っててください。

もちろん、僕自身も断酒が難しいことや、みなさんが悩んでることはよくわかってます。失敗ばかりでしたから。

ただ、僕は難しいというか、簡単ではないよね、という感じ。つまり、やり方が自分にハマると予想以上にアッサリやめることができます。

この「自分にハマる断酒法」を見つけることが大切です。だからこそ、

「断酒なんて不可能だ」

とか決めつけて心を閉ざさす、

「簡単ではないけど不可能でもない」

と、オープンマインドでチャレンジするべきです。今回書いたような習慣化というスタンスがハマるかはわかりませんが、ご参考にしてみてください。

断酒・禁酒カテゴリの最新記事