#NALP
断酒宣言はこちら≫
断酒コミュニティ≫

禁酒するためのオンライン勉強会【断酒ゼミ】を立ち上げる

禁酒するためのオンライン勉強会【断酒ゼミ】を立ち上げる
The following two tabs change content below.
ナルプのテンチョー
散々お酒で失敗してたけど2017年3月に断酒!そして2018年秋から【"お酒のない人生"を楽しむ雑貨店 NALP】をオープン♪店名はナルプ。断酒手帳などなど発売中! 目標は【楽しみながらお酒をやめる】という文化を作ること。 2019年からツイッターはじめました〜

お酒をやめ、お酒のない人生を楽しむ。そのためには禁酒を習慣化し、飲まないことが普通になる必要があります。つまり、生涯断酒するということ。

そのためにはやっぱり勉強が必要なんですよね。そこで、お酒のない人生を楽しむための「断酒ゼミ」という勉強会を立ち上げようと思うんです。

アルコール依存症はわかりにくい

アルコール依存症と聞くと、手が増え朝から晩まで飲み続け妄想のなかでブツブツしゃべってる、おかしくなった人をイメージするかもしれません。

でも、実際はそんな分かりやすい重度の依存症より、一見普通な人の方が多いんです。

仕事もしてるし家族サービスもしてる。たまの飲み会で酔っても暴れたりはしない。

でも、実はそんな人がアルコール依存症だったりします。一人で飲むときは記憶をなくすほど飲んだり、家族に暴言を吐いたり。休みの日は朝から飲み続けたり…。

そういう人たちは自分のことをアルコール依存症とは認識せず、まわりも「ちょっと酒癖が悪い人」くらいで片付けます。

その結果、気がついた頃には重症化してる可能性があるんです。

SponsorLink

アルコール依存症は少しでも早い断酒が大切

手が震えひたすら酒ばかり飲んでる。そんな状態を重症とすれば、世の中には軽〜中程度の依存症者がたくさんいます。

しかし世の中的にもアルコール依存症への誤解があり、回復のためのアクションは起こしません。

酒で後悔しなんとなく禁酒をしてみる。結局数日で飲んでしまう。

そんなことを繰り返していると、いつのまにか飲酒量が増えてしまいます。

そうなる前に、少しでも早く回復のための取り組みをするべきなんです。その方が回復の可能性は高まります。

飲酒量をコントロールできず他人に迷惑をかけてるなら、すでにアルコール依存症

アルコール依存症をカンタンに言えば、飲酒量をコントロールできず、酒が原因で他人に迷惑をかけること。そしてこれは病気です。脳の病気。意思の弱さとかだらしないとかじゃありません。

アルコール依存症の場合、飲まないこと以外に回復のすべはありません。

断酒をするためには病気とアルコールに対する知識が不可欠

断酒をしてもうまくいかないのはなぜか?それは、断酒の必要性を真に理解してないから。ようするに、やめる理由が腹落ちしてないからです。

そこで大切になるのが、アルコール依存症に対する知識、お酒の害、自分自身の状態への理解。

これらを身につけることで

「お酒をやめないと破滅してしまう」

という現実を真正面から受け止め、断酒しやすくなるんです。

断酒のためのオンライン勉強会を立ち上げます

これまでこのブログやYouTubeでアルコール依存症に関する情報発信などおこなってきました。しかし、やはりただ発信するだけだと届きにくいですし、積極的に学べないですよね。

そこで、

《断酒ゼミ》

と名付け、アルコール依存症の知識や断酒のコツ、断酒を習慣化するための方法などを体系的にレクチャーする塾を作ることにしました。

非公開グループを活用したオンライン勉強会で、動画配信も活用します。

また、勉強と並行して断酒継続のためのサポートもおこないます。(週一回の断酒継続の報告ミーティングなど)

最後に

まだ構想段階の部分も多いのですが、オンラインを活用した断酒への取り組みの必要性をかなり感じていますから、必ずスタートさせます。

金額はあまり高くなりすぎないよう、月5000円以内で抑えたいところ。(飲み会1-2回分ですが価値ある内容にします)

これからさらに内容をつめていきますので、またお知らせ致します!

お知らせカテゴリの最新記事