≫youtubeチャンネル
断酒コミュニティ≫

《飲酒と育児》酒を飲みながら子育てし後悔してること

《飲酒と育児》酒を飲みながら子育てし後悔してること

我が家には男の子が二人います。それぞれ小学1年生と年中で、まあとにかくうるさい。笑

そんな彼らの子育てに僕はわりと積極的に参加しています。それは酒をやめたからではなく、飲酒してたころから。子供はもともと苦手だったんですが、我が子はやはり可愛く、育児に積極参加してたんです。

ただ、飲酒していた当時の育児・子育てを思い出し、ゾッとしてしまうことがあるんです。

 

白状しますが…お酒を飲みながら子育てしてました

長男が生まれたのは僕がフリーランスとして独立したタイミングでした。そしてまた、酒量が異常に増え始めたのも独立のタイミング。(断酒はそこから6年半後)

つまり、長男の乳児期〜幼児期はもろにアルコール依存症まっしぐらなタイミング。振り返ると本当に恥ずかしくなるぐらい、子育てと飲酒を同時におこなっていました。しかもそれは家の中だけでなく、外でも…。

 

ベビーカーを押しながらストロングゼロ500mlを飲む

当時住んでいたエリアは子育て世代が多い場所で、歩きやすい街づくりになっており、よくベビーカーを押しながら散歩してました。そして、コンビニも本当に多かったんです。大阪の中心地でしたから、誇張なしに数百メートルおきにコンビニコンビニコンビニ。

そんなエリアで僕は土日、長男をベビーカーにのせよく散歩してました。まだ歩けない時期はそうやって散歩しながら寝かしつけをしたり、ほっぺたをつっついて遊んでました。

ここまではいいお父さん風ですが、ベビーカーについてるペットボトルホルダーにストロングゼロを打ち込んでました。しかも500ml缶。そう、ベビーカーを押しながら飲酒してたんです。

ときにはそうやって3時間くらいベビーカーを押してめちゃくちゃ遠くまで行ったこともあります。もちろんその間、数回はコンビニでお酒を補給しながら…。

ちなみに、僕はお酒をいくら飲んでもまったく顔が赤くならないタイプでした。

 

公園で遊ぶ時はお酒をビニール袋に隠しながら…

そんな長男も少し大きくなり、公園デビュー。妻が子供を見てる間、僕はベンチに座りお酒を飲んでいました。コンビニの袋で缶を隠しながら…。

今思えば、そうやって隠しながら飲む時点(=バレないように隠れて飲む)で後ろめたさを感じてるわけで、アルコール依存症に片足突っ込んでました。(隠れて飲むのは依存症者の特徴)

そんな行為を毎週土日には繰り返してたわけですが、未だにフッと思い出し、胸が苦しくなる後悔があるんです。

 

あわや大怪我という危険なことをしてしまった

当時よく遊んでた公園に切り株がありました。ただこの切り株、高さが1メートルちょっとあるんです。

イメージとしてはこういう遊具っぽい感じに切られた、1メールちょっとの切り株。

出典:https://www.xyence.co.jp

ほろ酔い気分だった僕はこの切り株の上に長男を座らせ、写真を撮ったんです。まだようやく歩きだしたような状態だった子供を、1メール以上もある高さの上に座らせ、僕は後ろに下がって撮影…。

何事もなかったんですが、もしこのとき、子供が体を動かし落下してたら……それを想像すると胸が苦しくなり、本当にツラく自分が嫌になるんです。だって、まだ頭も柔らかい2歳くらいのときです。1メートルの高さから地面に落ちたら変形するかもしれません。それどころか、もっと大怪我をしたかもしれません。

この時の光景と長男の無邪気な笑顔が未だに一ヶ月に一回くらいハッと思い浮かぶんです。

 

お酒を飲みながらの育児なんてするべきじゃない

僕はたまたま大ごとにならずに済んだんですが、これは本当に運がよかっただけです。自分の行為を振り返り、この件以外でも飲酒しながらの子育てでヒヤリとすることは多々ありますし、後悔しています。

もし今子育てをしてる人がいたら、はっきり言いたいのはお酒を飲みながらの子育ては危険ですよ!ということ。これは家の中でも同じで、お酒を飲むことで注意力が散漫になり、子供の危険に気づかない場合もあるでしょうし、寝てしまうこともあるかもしれません。

また、酒乱のような状態になる人の場合、カッとなって子供に手をあげてしまう人もいるかもしれません。

 

最後に

お酒を飲むと気が大きくなったり、いい加減になるものです。そうやって

「このくらい大丈夫だろう」

という判断が子供に大怪我をさせる可能性は十分あります。子育てをしながらの飲酒は本当にやめた方がいいです。もし現在、子育ての際に恒常的にお酒を飲んでいる場合、その育児法は見直すべきです。

 

お酒のよもやま話カテゴリの最新記事