≫youtubeチャンネル
断酒コミュニティ≫

【なぜお酒を飲むのか?】断酒成功のためにはまず飲酒の目的をハッキリさせる

【なぜお酒を飲むのか?】断酒成功のためにはまず飲酒の目的をハッキリさせる

断酒を成功させたい場合、まずみなさんは何をするでしょうか?

「禁酒のために家にあるお酒を全部すてる!」

「酒やめたけど、みたら飲みたくなるからお酒売り場には近づかない!」

こういうふうに、飲酒欲求の原因となるものを取り除きますよね?それも重要な作業です。でも、もっと重要なことがあるんです。それは、「お酒をなぜ飲むのか?」をハッキリさせること。

 

お酒を捨てる、は断酒における「戦術」でしかない

先にこの図を見ておいてください。ビジネス用の戦略と戦術の図です。

出典:https://www.itmedia.co.jp/

お酒を飲む原因として、お酒が身近にあるから、という答えは1つの正解です。やっぱり目につくと飲みたくなりますよね、だってやめられないくらい好きなんですから。

でも、だからといってただお酒を目の前からなくしても、お酒ってやめられません。どうしても意識がお酒に向き、自らコンビニなどにお酒を買いに行ってしまいます、たとえ夜中でも…。

これは、「お酒を眼の前からなくす」という、戦術を使ったにすぎないからです。ビジネスマンで言えば、名刺交換のときにどんな顔をするか、くらい局地的なことです。

 

飲酒の目的、「なぜ酒を飲むのか?」を明確にし、戦略的に考える

ビジネスマンの例えを出しましたが、プロジェクトを成功させる場合、取引先との名刺交換の時の表情ももちろん大切です。人間関係の最初ですからね。でも、プロジェクト成功という大きな視点で見た場合、名刺交換のテクニックばかり考えても意味がありません。

もっと俯瞰し、なぜそのプロジェクトを遂行しないといけないのか?という目標達成のための意義を明確にする必要があるます。そうしないと取引先や仲間と一致団結したり連携も取れませんし。

これは断酒でも同じです。

断酒成功というプロジェクトを遂行する場合、酒を捨てるという局所的な戦術だけではクリアできません。重要なのは、目的の明確化。そこがしっかりしてないと、自分の中の”もうひとりの自分”と一致団結できません。

この”目的”には2つあります。

  • 断酒をする目的
  • 飲酒をしてきた目的

この2つです。そして最初に重要なのは、飲酒をしてきた目的をハッキリさせることなんです。

 

断酒の目的よりも飲酒をしてきた目的を明確にするべき理由

断酒をする目的ももちろん大切なんです。健康のため、家族のため、人生のため。でもそれ以上に

「なぜ今まで酒を飲んできたのか?」

を考えないと、正しい戦略を組み立てられません。どういうことかと言うと、

お酒を飲む理由を明確にし、その理由・目的をどのような別の方法で置き換えるか?

を決めないと、断酒の理由がフワッとしてしまい、お酒の誘惑に負けるからです。

お酒を飲む理由として

  • ストレス発散
  • 悩みからの逃避
  • 人間関係を円滑にしたい
  • 人見知りをごまかす

などありますよね。あなたがお酒を必要としている理由をまずきっちり言語化してください。

そして、これから先、断酒をしお酒がなくなったときにこの【飲酒の目的】を別の方法でどう埋め合わせるか、もしくは(人見知りであることなどを)ごまかさず素の自分を受け入れるか決める必要があります。

 

飲酒の目的とその対処法が定まってないと「なんで飲んじゃダメなの?」という疑問に襲われ、飲酒欲求に負ける

お酒をやめて健康になろう!

断酒してもっと人生を明るく生きるぞ!

そういう断酒の目的を掲げても断酒がうまくいかない理由は、断酒をしても人生は劇的には変わらないからです。

お酒をやめたって嫌なことはありますし、失敗もします。体調も崩します。

なんならお酒をやめたばかりのときは精神的にも不安定でミスが増えてしまいます。そんなときにストレスや不安から逃げたくなり、お酒を飲みたくなるんです。そうなると

「こんなしんどいなら飲むしかない。断酒しても良いこともないし、なんで飲んじゃダメなんだよ。飲んじゃえ!」

と、再飲酒してしまいます。

 

お酒を使わない問題解決方法を身につける

ストレスの発散や悩みからの逃避など、問題解決をお酒に頼る以外知らない場合、断酒するとどん詰まりになります。そうならないために、まずは飲酒の目的を明確にし、その目的をお酒を使わず解決する方法を身につける必要があります。

ランニングをしたり運動をするなどもいいでしょうし、紅茶やコーヒーなど、別な飲み物でリラックスするのもいいですね。人見知りなどに関してはお酒でごまかすんじゃなく、素の自分を受け入れ「こんな自分でいいんだ」と、自分で自分を許してみてください。

お酒という薬物を使って無理矢理に問題を解決しても、それは応急処置を続けてるようなもので、いつか効かなくなります。それよりも、根本的な部分を見つめ直し、お酒が不要であるということを心のそこから納得できるようになりましょう。

 

最後に

何事も、正しい問いがないと正しい解決に結びつきません。

「なぜ飲むのか?」

その目的をしっかり考え、ハッキリした場合、

「お酒がなくなった状態でその目的をどう満たすか?」

という断酒戦略を立ててみてください。ここがうまくいくと、飲酒欲求自体がかなり少なくなりますよ。

断酒・禁酒カテゴリの最新記事