≫youtubeチャンネル
断酒コミュニティ≫

禁酒しても3日坊主で続かなかった人が4ヶ月継続できてる断酒の方法

禁酒しても3日坊主で続かなかった人が4ヶ月継続できてる断酒の方法

《禁酒しても3日しか続かなかった人が、4ヶ月も断酒継続できてる断酒術をご紹介》

オンラインの断酒コミュニティを運営しています。そこに参加してくれてる断酒ニストの方が、とある断酒術を教えてくれました。とても素晴らしい方法だったのでこちらにご紹介します!断酒回復のヒントになるかもしれませんので、是非ご覧ください。

 

断酒を誓うも3日坊主だったMさん

今回断酒術を教えてくれたMさんは、これまでにも何度か断酒にチャレンジしてきたそうです。

しかしどうしても3日くらいしか続けられず、失敗。いわゆる三日坊主ですが、実際数日で禁酒失敗する人って多いですよね。かつての僕もそうでした。

そんなMさんですが、2つの断酒術を使い、現在4ヶ月継続中

 

《4ヶ月継続の断酒術 その1》一ヶ月目にいっきにアルコール依存症の知識を詰め込む

その断酒術の1つが、アルコール依存症に関する勉強。特に、断酒開始から最初の一ヶ月に詰め込んだそうです。お酒をやめよう、と思う時のキッカケや気持ちって

「このままじゃ将来まずいよな〜」「不健康かな」「お酒で大失敗して、もうつらい…」

という感じで、漠然としてませんか?そういう漠然とした理由で断酒をスタートすると、どうしても数日で

「お酒をやめる必要あるっけ?」

みたいな気持ちになるものです。人は痛みを忘れていく生き物ですから、失敗の痛みも風化してしまいがちです。(心の痛みからも立ち直るように人間は進化してるそうですよ、サピエンス全史にも書いてました)

では失敗や断酒の覚悟を風化させないためにはどうすべきか。それはやっぱり、アルコール依存症という【自分がかかえた病気】としっかり向き合うことです。

断酒初期は飲酒欲求も強いですから、スタートダッシュという感じで依存症について学ぶのはとても効果的だと思います。

 

《4ヶ月継続の断酒術 その2》夫婦と交換日記をし、知識や考えを言語化

そして2つ目が夫婦での交換日記。これは本当に素晴らしい!

まず、ご夫婦でアルコール問題に取り組むという姿勢が本当に素晴らしいことです。なぜなら、アルコール依存症やアルコール問題というのは本人だけの問題ではないからです。アルコール問題は家族を身近な人を巻き込みます

ですから、家族や配偶者の理解が得られるかどうかは断酒成功の確立に大きく影響します。

そして、学んだことを言語化することは記憶への定着も非常によくなりますから、勉強したことが身につきます。

みなさんも経験あるかな〜と思うんですが、学校でただ勉強するだけでは身につきにくいけど、文字にまとめたり人に教えたりするとぐっと知識として身につきますよね。まさにそれですね。

これは交換日記だけに限らず、ブログでの発信もいいですし、悩みや感情もふくめノートに日記を書くだけでも効果的です。(僕はブログでの発信とてもとの断酒日記が役立ちました)

 

まとめ

今回ご紹介した断酒術を誰でも使えるように言い換えると

  • アルコール依存症の勉強
  • 学びと考えの言語化

です。

この2つはとても合理的で、アルコール依存症に限らず使える技です。ちゃんと取り組むことができればかなり断酒の確立が高くなるだろうな、という感じ。

そしてこの2つにあわせ、断酒仲間を作って情報交換したり、悩みを打ち明け合うというのも力になります。AAや断酒会などの伝統的な団体もありますし、SNSで仲間を見つけるのもいいのではないでしょうか。

★当サイトではNALPcafeというオンライン断酒コミュニティを運営してますので、気軽にご参加ください

断酒・禁酒カテゴリの最新記事