#NALP
断酒宣言はこちら≫
断酒コミュニティ≫

断酒失敗談:二日酔いの朝「絶対禁酒する!」夕方「一本だけ飲も…」

断酒失敗談:二日酔いの朝「絶対禁酒する!」夕方「一本だけ飲も…」
The following two tabs change content below.
ナルプのテンチョー
散々お酒で失敗してたけど2017年3月に断酒!そして2018年秋から【"お酒のない人生"を楽しむ雑貨店 NALP】をオープン♪店名はナルプ。断酒手帳などなど発売中! 目標は【楽しみながらお酒をやめる】という文化を作ること。 2019年からツイッターはじめました〜

断酒にはゴールがありません。何日やったから終わりとかない、生涯続けるもの。

だから気合やモチベーションに頼っても長続きしないんですよね。(だから本に書いたとおり考え方を変えるべき、と思ってます)

昔の僕はそんな考え方がどうのなんて思う余地もなく、二日酔いや記憶を飛ばして自己嫌悪な朝に

「もう酒やめる!ぜったい禁酒する!」

と、気合や根性を奮い立たせてました。そして案の定、夕方には飲んでました。

 

勉強会に参加し、打ち上げにも参加した日の話

何度経験したかわからない、ひどい二日酔い。

あるとき僕は勉強会に参加し、夕方からその打ち上げにも参加。その会の中で僕は

「あんまり乱れないけどめちゃくちゃよく飲む奴」

というキャラが確立されてました。僕自身、自分に自身もなく取り柄もないと思いこんでましたから、そうやって酒の席で

「すごいな〜、ほんまよう飲むな〜!」

と言われることがどこか誇らしかったんですよね。(今思えば愚の骨頂ですが……)

その日の打ち上げも大いに張り切ってました。なんせ、その日は僕がお店を探す係になってたんです。

 

SponsorLink

幹事を担当し、店のチョイスもウケて嬉しくて飲みまくる

僕が予約したお店は、いぜん仕事関係で知った、なかなか味のあるお店。地面はコンクリートでトタンなんかを内装に使ってる、個人がやってるレトロな居酒屋でした。

飲ん兵衛なおじさんが多い勉強会だったこともあり、その風合いや店員さんの雰囲気がバッチリハマり、会は大盛り上がり。当時の写真を見たら、顔を真赤にしてみんなで集合写真をとってました。もちろん僕は満面の笑み。笑

飲み放題だったこともあり、幹事の緊張感から解き放たれて飲みに飲みまくりました。少なめに数えてハイボールを20杯は飲みました。当時は29歳くらいだったこともあり、それでも僕はあんまりへべれけにはならなかったんです。

 

3次会でスナックへ行きさだまさしを熱唱

一軒目が終わり、7割位の人が残り2次会に向かいました。2次会は適当なお店で飲み、終電間際に解散。

そこからは6人程度で3次会へ。メンバーの数人が行きつけだったスナックへ行きました。

僕はキャバクラなども含め、クラブやスナックのようなところが苦手でほとんど行ったことがありませんでした。キャバ嬢も苦手だし、スナックのママさんもどうも苦手だったんです。

でもそのスナックは男性マスターがやってるお店で、いい感じだったんですね。しかもちょうどテレビか何かでさだまさしの「案山子」という曲を聞き、田舎出身の僕は感銘を受けたとこだったんです。(案山子という曲は上京した子供に対する親心を歌ったような曲)

酔っ払った勢いで案山子をリクエストすると、そのマスターも地方出身者で大好きだということで、気がつくと肩を組んで歌ってました。笑

テンションがあがり、ウィスキーをロックで飲みまくり、途中からの記憶は全くありません。時間はすでに午前2時過ぎ。

 

4次会で焼き肉へ

スナックに午前3時くらいまでいたでしょうか。もはや記憶はないわけですが、4次会はタクシーにのり、明け方までやってる焼肉屋にいきました。

僕よりずっと年上の人たちが朝の4時過ぎ、焼き肉とともに丼飯を食ってる異様な光景だけは記憶になります。笑

僕はもともと飲むとあんまり食べないタイプだったので、肉をちびちび食べつつ、ひたすらハイボールを飲んでました。(たぶん…)

そして朝の6時前に帰宅し、風呂も入らず着替えもせず寝てました。(←あとから妻に聞いた)

 

とんでもない二日酔いで死にそうになり禁酒を決意!でも朝令暮改

こんなクソみたいな飲み方を当時の僕は毎月のように繰り返してました。ここまで飲まないにしても、18時半くらいから終電ギリギリまで飲むなんて日常茶飯事。

でもこの日は本当にひどい二日酔いでお昼前に目覚めたんです。もうとにかく頭が爆発するんじゃないかってくらい痛く、バファリンを飲み、妻に軽く謝罪と言い訳をしつつ、

「俺、もう酒やめよ」

って心に誓い、再び寝ました。(←妻に宣言などしないのがいかにも及び腰。笑)

せっかくの日曜日で子供も小さいのに、ほっといて寝てたんです。最悪です。そして夕方に目覚め、

「頭痛は治ったな。けどなんか頭ぼーっとするわ。どうしよ……」

と、足は徒歩3分のコンビニに向かい、ストロングゼロを購入し

「一本だけ飲もう。そしたらシャキッとするし、それからと禁酒しよ」

と、飲み始めました。そして当然のように酔っ払い、妻に

「ちょっとスルメかなんか買ってくるよ」

と言いながらふたたび近所のコンビニに向かい、数本の酒を買って帰宅し、飲みふけってました。文字通り、朝令暮改です。

 

アルコール依存症の「否認」の始まりだった

こうやって文字にしながら、あらためて「俺の飲酒ライフは本当にクソだったな」と思います。妻や小さな我が子に負担をおわせてたし、飲みすぎる理由も人のせいにしてました。

「フリーランスの俺にとって勉強会での繋がりって大切だからさ、付き合いで飲みすぎることもあるって」

なんて言い訳を普通にしてました。

アルコール依存症の勉強をしている今ならわかりますが、これはすべて飲むための言い訳を無理やり作り出してるにすぎません。それに、これこそまさに否認の状態。(アルコール依存症は否認の病と言われてるんです)

「アルコール依存症だったら1人でひたすら飲むだろうけど、俺は仕事もかねた付き合いだから」

という、屁理屈で否認していました。

 

アルコール依存症は典型的な症状ばかりじゃない!

アルコール依存症の症状は様々です。

手が震えなければ大丈夫、朝から飲まなければ大丈夫、仕事をしっかりしてれば大丈夫、なんてそんなことはありません。

仕事をバリバリこなしてしっかりしてても依存症になってる人なんてたくさんいます。お医者さんにも多いんですよね。

 

▼そういう普通な人やハイスペックな人たちの依存症を高機能アルコール依存症者と言います

 

最後に

飲酒量をコントロールできず、家族や周りに迷惑をかけている段階で依存症の入り口に立っているんです。

当時29歳の僕はまさに、アルコール依存症の門をくぐったような時期でした。(後にもっと飲酒量もふえひどい飲み方が増え人生が行き詰まりました)

今現在、飲み方に不安を感じてる人は少しでも早く

「自分はアルコール依存症かもしれない」

という冷静な目で、病院に行ったり書籍を読んでまなんだりしてみてください。そして該当するなら何かしらのアクションを取りましょう。

 

 

★僕の断酒体験談は本にまとめてますので、よかったらご覧ください!

お酒をキッパリやめるための考え方

【紙の書籍】増量改訂版 お酒をキッパリやめるための考え方【新書サイズ】

断酒・禁酒カテゴリの最新記事