#NALP
断酒宣言はこちら≫
断酒コミュニティ≫

節酒より断酒・禁酒の方がカンタンな理由

節酒より断酒・禁酒の方がカンタンな理由
The following two tabs change content below.
ナルプのテンチョー
散々お酒で失敗してたけど2017年3月に断酒!そして2018年秋から【"お酒のない人生"を楽しむ雑貨店 NALP】をオープン♪店名はナルプ。断酒手帳などなど発売中! 目標は【楽しみながらお酒をやめる】という文化を作ること。 2019年からツイッターはじめました〜

節酒とは節度を守ってお酒を飲むことです。

断酒はお酒を完全にやめることです。

この2つを比べたとき、どちらがカンタンでしょうか?人それぞれ意見はあると思いますが、世の中にあるアルコール依存に関する文献や情報、そして僕自身も経験も踏まえ断言できるのは

「節酒より断酒の方がカンタン!」

ということ。

 

アルコール依存症とは飲酒量をコントロールできない病気

アルコール依存症、アル中の最大の問題点は「飲酒量をコントロールできない」ということです。

一杯だけにしておこう、と思って飲み始めたら歯止めが効かず、記憶がなくなるまで飲んでします。そんな経験に苦しんでいる人は多いでしょう。過去の僕も本当に苦しみ、生きるのがしんどいとすら感じました。

この病気は(現代の医療では)治すことができないと言われています。アルコールによって脳みその構造が変化してしまっているため、歯止めがきかず、なおかつ、断酒しても脳みそはもとに戻らないそうです。

 

SponsorLink

飲酒量をコントロールできない病気なのに節酒しようとする矛盾

飲酒量をコントロールできない病気の人が、はたして節酒なんてできるんでしょうか?

穴の空いたバケツしか持ってない人が

「今日はバケツの半分までたまったら止めよう」

と言っていたらどう思いますか?いくら注いでもたまりませんよね。しかもそのバケツの穴から落ちたお酒は脳みそや肝臓などを着実に破壊していきますから、先行きは暗いと言えます。

 

節酒とは、目の前に誘惑を置きながら禁欲するような行為

こんなつぶやきをしました。

飲酒量をコントロールできないアルコール依存症、あるいはそれに近い状況の人の場合、節酒は

「ポテトチップスの袋を開け、3枚だけ食べて終わり」

という我慢を毎日してるようなもの。最初の一回くらいは我慢できるかもしれませんが、確実に徐々にグダグダになり

「今日は頑張ったからもう少しだけいいよね♪」

と、自分にご褒美とか言い出します。笑(←心当たりありまくり)

節酒に取り組み、最初はよかったけどどんどん甘くなり、最初よりひどくなったという話は枚挙にいとまがありません。

こんな無理ゲーするより、そもそも飲まないというルールにしたほうがカンタンです。

 

断酒のほうがカンタンな理由

(我慢の断酒はオススメしませんが便宜上)飲むこと自体を我慢することと、飲みながら我慢すること、どっちがカンタンかは火を見るより明らかですよね〜、ってことです。

 

「断酒がカンタン」とは一言も言ってない

「断酒がカンタンとか言うけど、それが出来ずに悩んでいる人もいるんだぞ、偉そうなこと言うなガーーー!!」

みたいな声もあるんですが、文章読めてますかね?

僕は

「節酒と比較して断酒のほうがカンタンやん」

って言ってるだけです。誰も断酒がカンタンとか言ってません。

 

▼むしろ難しいと思ってる

 

まとめ

お酒をやめるのは寂しいから節酒したい、その気持ちは痛いほどよくわかります。僕だって過去になんどもそうやってチャレンジしました。そして失敗し自己嫌悪と自暴自棄におちいりました。

節酒をできる人ももちろんいます。でもそれはある意味で才能です。そういう人たちは節酒できる才能があるんです。

 

飲酒量をコントロールできず、何度チャレンジしてもうまくいかない現実に目を向けましょう

僕らは「適度にお酒と付き合う」という才能がないんです。

明らかに才能がないのにチャレンジし続けても時間の無駄です。もっと別なことを探しましょ。

 

★1人で断酒は難しそう…って方は断酒仲間が集まるコミュニティNALPcafeにお気軽にご参加ください♪

断酒・禁酒カテゴリの最新記事