#NALP
≫【断酒の御守り】販売中
断酒できる場所≫

お酒をやめ友達が減ると悩みが軽くなり人生がラクになる心理学的理由

お酒をやめ友達が減ると悩みが軽くなり人生がラクになる心理学的理由

禁酒しお酒をやめると友達が減る2つの理由

という記事を以前書いたんですが、反響を頂いてたので続きを書きます。

今回は、断酒をし友達が減ることのメリットについて解説。友達が減ると寂しさや孤独感でストレスが増すのでは、なんて思ってるかもしませんが、心理学的な側面で考えても友達が減ることは悩みが軽くなり、人生がラクになる可能性が非常に高いのです。

 

すべての悩みは「対人関係の悩み」である――アドラー心理学

数年前にブームになったアドラー心理学の名著、「嫌われる勇気」を読んだことはあるでしょうか?


この中で賛否を呼んだ項目として

《すべての悩みは「対人関係の悩み」である》

というものがあります。「いやいや、悩みは対人関係ばっかりじゃないでしょ!」という声もあるんですが、どう思いますか?

僕はアドラーの意見に同意です。

というのも、あらゆる悩みは「相手」がいて成り立つからです。人間関係の悩みはもちろん、パーソナルな悩み(たとえば見た目の悩み)がある場合も、結局はそれを誰かが評価したり、けなしてくるから悩みになりますよね。

極端な話、この世に自分以外に人がいなければ、ハゲちらかしてようがどうだろうが気にする必要はありません。誰からも何も言われませんから。

つまり、悩みというのは他人との関係の中にあるということです。

 

友達は量より質。特に30代以降は質のいい友人関係が大切になってくる

お酒を飲みまくる人の中には、人間関係の構築や人脈を増やすために飲んでる人も多いと思います。人見知りをごまかすために飲み、無理やり人付き合いを増やしたり。

でもそういうことをすると、年を重ねるごとにしんどくなってきます。対して深い付き合いでもないし、そもそもそれほど好きでもないけど、お酒の関係で繋がってる友人もいるでしょう。

そういう上辺だけの人づきあが増えるとどんどんしんどくなりますし、常に他人の目が気になるようになります。

30代を過ぎてくるとお酒なしでの他人と会うことがない、なんてことすらありますよね。何かしらの集まりも必ず「飲み会」の場だったり。でも、質の悪い友人関係が多いと、50代以降の幸福度が低下するという調査結果があるんです。

 

友達が少ないほうが幸福度がアップするという調査結果

こんな記事があります。ちょっと長いですが引用しています。

ロチェスター大学は、50歳の時点での幸福度は何で決まるのか?特に人間関係や友達関係の何処で決まるのか?ということを調べています。

(略)

20代の時に友達が多かった人は50歳の時に幸福度が高まっています。これはなんとなく想像の範囲かと思いますが、20代で友達の数が多くて30代で友達の数が大きく減っている人たちは50歳時点での幸福度はより高かったという結果が出ています。さらに30代でも友達の数が多い人というのは50歳の幸福度が下がっていました。

つまり、20代の時に友達が増えると幸せにはなれますが、30代では質が大事になるということです。

※この研究では、100名の若者の幸福度を30年間にわたって追跡調査

出典:友達むしろ減らして幸せになる方法

(これ、メンタリストDaigoさんのブログなんですが、早口動画がおもしろいんですよね)

 

100人に30年に及ぶ長期の調査ということですが、非常に興味深い内容ですよね。20代のうちはいろんな人と出会い、真贋を磨き、30代以降は人間関係を絞っていく、という方法がもっとも幸福度を高めるようです。

 

お酒の飲み方も30代以降に変えていくべき

先ほどの調査結果を飲酒に置き換えれば、20代のうちはちょっとくらい無茶な飲み方もいいけど、30代になったら(断酒という選択肢も含め)お酒の飲み方自体を見直すべきなんだろうと思います。

20代のころに飲酒量が多く、30代以降もさらに増加傾向にある人はアルコール依存症やそれに近い状況に陥りやすいです。(ちなみに、10代から飲んでる人の場合、30歳前後でアルコール依存症になる可能性が他の人より30%程度高いというデータもあります)

 

最後に

僕は33歳でお酒をやめましたが、実際に20代のころより酒量が多くなり、人生の中で「噛み合わなさ」みたいなものを感じてました。なんというか、目指してる方向や理想の自分に向かってジタバタしてるのに、違う方向に進んでるようだったんです。

その原因がお酒だとは思いたくなったんですが、あるとき

「自分はアル中かもしれないぞ…」

と、認め、あらためて断酒に取り組みました。その結果、友達は大幅に減りました。それまでは週1回は飲み会に参加してましたから、人と合う回数自体がガクッと減りました。

それでも明らかに悩みが軽くなってるんです。前までは会う人会う人に嫉妬し、劣等感を感じ、もがいてました。見栄もはってました。

でもそれがなくなり、気がついたら

「今の俺でええやん。自分のペースで生きよう」

と、自分を認められるようになったんです。悩みやストレスを解消したくて酒を飲んでたはずが、お酒をやめたらスッキリ良くなるなんて不思議なもんですね。もしいま、悩みが多くてつらい人はお酒をやめてみてはどうでしょうか?

 

★1人が断酒は難しいなぁ〜…って人は、断酒仲間が集まるコミュニティもやってますのでお気軽にご参加ください♪

 

禁酒しお酒をやめると友達が減る2つの理由

お酒のよもやま話カテゴリの最新記事