#NALP
≫【断酒の御守り】販売中
断酒できる場所≫

【断酒あるある】禁酒してる人にお酒を飲ませようとする人の心理を考察

【断酒あるある】禁酒してる人にお酒を飲ませようとする人の心理を考察

お酒をやめた人間に対し、

「禁酒なんて無駄無駄。一杯くらい飲めよ」「ノリ悪いな〜」「少しくらい飲んだって平気だって!」

と、無理やりお酒を飲ませようとする酒飲みな人(だいたい大酒飲みで酒癖悪い)っていますよね。あれってなんであんなふうに酒飲ませようとすると思います?

僕なりにそういう「断酒ニストの敵」の心理について考察してみます。

※断酒ニストとは…断酒に前向きに取り組んでる人。断酒好きな人

 

お酒をやめた人間にお酒をすすめる人の気持ち(1) 酒飲み友達が減る寂しさ

今までしょっちゅう飲んでたような飲み友達が、突然断酒宣言なんてするとさみしいもんです。

嬉しいことがあれば喜びの乾杯をし、悲しいことがあれば慰めの一杯を酌み交わし…そんな飲み友達が減ってしまうことへの寂しさから

「まあいいじゃん、ちょっとくらい飲んだって平気だよ。飲もう飲もう」

とすすめてる人っているんじゃないでしょうか。こういう人の場合、特に悪気はない感じですし、ちゃんと断れば諦めてくれますから、まあ敵ってほどではないですね。

 

お酒をやめた人間にお酒をすすめる人の気持ち(2) 飲めるくせにシラフなのが許せない

そもそもお酒を飲む理由ってなんでしょうか?美味しいから?まあそれもあるとは思うんですが、断酒がよぎるほど酒量をコントロールできないような人の場合、酔うために飲んでますよね?

そしてそれは飲み仲間もおんなじ。少ないお酒をじっくり味わうってより、ガバガバ飲んでガハガハ笑ってグダグダと乱れて記憶なくしてチーン、って感じじゃないですか?

そういう飲み方をする人からすると、シラフでいることが許せないんですよね。これは僕自身、非常に心当たりがあります。お酒飲みまくってた頃って、酔っ払うこと=善いこと、善行くらいに思ってました。笑

そういう人間からすると、前まで同じように酔っ払いまくってた人間が

「酒やめた」

と言ってシラフでそこにいることが許せない。だからどうにかこうにか酒を飲ませようとします。こういう人はしつこいですから、断酒ニストの敵に認定しましょう。

 

お酒をやめた人間にお酒をすすめる人の気持ち(3) 真面目になろうとしてる人に対する嫉妬的なもの

学生時代、ヤンキーグループやヤンチャグループに属したことってありますか?もしくはヤンキーが出てくるようなドラマや漫画をみたことはありますか?

ヤンチャなことをしてるグループに属してるある人物が

「俺、大学目指すからもうこのグループを抜けたい」

とか言い出すと、

「はあ?てめえ何まじめぶってんだよ?調子のんじゃねーぞコラァ!!」

と、ボッコボコにされる、みたいな描写ってありますよね。まあ、現実世界ではそういう暴力ばかりじゃなく、学校で無視されたり、(昨日まで仲良しだったのに)イジメの対象にされたりしますね。

 

断酒する人をあざ笑う雰囲気があれば危険信号

お酒を狂ったように飲むグループに属してる場合、断酒に取り組む相手に対し、

「どうせ続かないってwww」

という、嘲笑ともとれるような態度をとる場面をよく見かけます。でも実際に断酒が続いてくると

「おい、お前どうしたんだよ、真面目ぶってないで飲めよ!」

「俺の酒が飲めないのか!!!」

と、荒れてきたり。

これって結局、ヤンチャなグループからの脱退シーンと同じで、嫉妬心や焦りがあるんだと思います。仲間が真面目になり、自分だけ置いてけぼりになる恐怖心というか。

こういう人は飲ませるために過激な方法をとる場合もありますから、完全に断酒ニストと対立します。距離をおきましょう。

 

断酒は人間関係のリトマス試験紙

こんな人と友達を続ける意味なんてありませんから、縁を切ってもいい。応援してくれるのが本当の友達ですから、断酒は人間関係のリトマス試験紙としてちょうどいいんです。

 

飲み方に罪悪感を感じているからこそ、足を引っ張るのでは?

別にアンケートを取ったわけでもないし、統計データがあるわけでもないんですが、僕の実感として、【他人が真面目な方向、更生の道をあるき出したと感じ攻撃してくる人】って、そもそも自分の飲み方に対しどこかに罪悪感や焦りがあるんだと思います。(そういう気持ちがなければ頑張ってる人を貶めようとはしませんよね)

お酒をガバガバ飲んで狂ってる日々を送ってる場合、大抵は同じような飲み方をする仲間がいます。そしてそんな飲み方に罪悪感や「こんなんでこの先大丈夫かな…」という焦りをいだきつつ、

「同じような飲み方してる仲間がいるから、大丈夫か。(あいつの方がひどい飲み方だし)」

と、安心感を得ています。

そんな心理状態の中で、安心感の源であった飲み仲間(あなた)がグループから抜けようとするもんだから、必死に足を引っ張るわけです。沼に引きずりこむんです。

でも、あなたの人生はあなたのものです。たとえ昨日までは狂ったように飲み明かした仲間であっても、あなた自身の人生を前進させるために断酒が必要ならば、やはりそこはキッパリやめるべきでしょう。

その結果、仲間割れのようなこともあるかもしませんが、どうにか大ごとにならないよう、うまく距離を置くように工夫すべきですね。

 

最後に

身近な家族や友人、仲間の影響というのは本当に計り知れません。これって裏を返せば、同じ断酒の目標をもった同志のような仲間がふえれば、断酒が成功する可能性は高くなると言えます。(人間は本来の資質だけでなく、環境や取り巻きでいかようにも変わるもんです)

そんな断酒仲間が集まるオンライン断酒コミュニティNALPcafeを立ち上げました。興味ある方はぜひご参加くださいね!

 

それと、オリジナル断酒本も絶賛発売中です〜!!

≫お酒をキッパリやめるための考え方

断酒・禁酒カテゴリの最新記事