#NALP
断酒宣言はこちら≫
断酒コミュニティ≫

アルコール依存症者の特徴(1)酔って電話をかけるドランクダイアリング

アルコール依存症者の特徴(1)酔って電話をかけるドランクダイアリング
The following two tabs change content below.
ナルプのテンチョー
散々お酒で失敗してたけど2017年3月に断酒!そして2018年秋から【"お酒のない人生"を楽しむ雑貨店 NALP】をオープン♪店名はナルプ。断酒手帳などなど発売中! 目標は【楽しみながらお酒をやめる】という文化を作ること。 2019年からツイッターはじめました〜

アルコール依存症というとどんなイメージをお持ちでしょうか?

「仕事もせず昼間っから酒を飲みボロボロの格好をして呂律も回らない小汚い人」

なんていうと大げさでしょうか?でも、そんな風に思ってる人もいるのでは?

しかし、世の中のアルコール依存症者およびその予備軍は見た目ではわかりません。仕事をしっかりこなす人や医者、優秀な学生の中にも依存症者は多いんです。(高機能アルコール依存症といいます)

一見しただけではわからないアルコール依存症者ですが、行動にいくつか特徴があります。今回はそのひとつ【ドランクダイアリング】についてご紹介。

アルコール依存症者の特徴:酒に酔い時間を問わず電話をかけて長電話をする

ドランクダイアリングというのは、酔った状態で電話をすることです。

アルコール依存症じゃなくても、酔って気分がよくなりなんとなく声が聴きたくなって電話することくらいありますよね。そういうのは問題ありません。

アルコール依存症の場合、酔っ払って電話をするとき、相手の都合なんて考えません。ただかけたいからかける。夜中だろうがなんだろうがかける。

そして一番の問題は…

アルコール依存症者のドランクダイアリングは「電話した記憶がない」のが特徴

そうです、電話したことを覚えてないんです。酒に酔って記憶をなくすことをブラックアウトと言います。

ブラックアウトを頻繁に起こす時点でアルコール依存症の疑いがあるわけですが、ここにドランクダイアリングが加わると高確率でアルコール依存症です。

つまり、頻繁なドランクダイアリングはアルコール依存症特有の行動とも言えます。

ドランクダイアリングの経験談

僕はさいわい、電話自体が嫌いなのでそのような行為は経験がありません。(そのかわり、勢い任せにLINEで遊びに誘ったり突発的な行為はありました…)

ですが、ドランクダイアリングの被害にあっまたこと、そしてその行為を目撃したことはあります。

中学の同級生で、大人になってから酒乱になった友達がいました。彼は人見知りだけど仲良くなると天然が炸裂するようなタイプ。ただ、大人になってからは疎遠になってました。

突然の着信

そんな彼があるとき、突然電話してきたんですね。夜遅くに。

何を言ってるのか分からないほど酔っていて、こちらが指摘すると逆上する状態。気持ち悪かったので話を変えると今度は一人で熱くなって泣きそうな状態に。

「(情緒ヤバいやんコイツ…)」

と思いつつも言うとキレそうだったのでやり過ごしました。酒の席での彼の評判がすこぶる悪いことをその後知りましたし、同じ被害にあってる人が数人。

後日、発信履歴から僕に電話したことを知り、「覚えてないけど、いきなり電話してごめん」と、謝罪のメールをくれましたが…。

また別の機会、同級生が集まって飲むというとき、彼は大量に飲み酔っ払い、その場にいない人に電話をかけ始めました。もちろん何を言ってるかわからないけど興奮してる状態。

このときの事も彼は覚えてませんでした。

当時はそれがアルコール依存症者の行為とは知りませんでした。

最後に

アルコール依存症に対するイメージは人によって異なります。朝から飲むようになったらアル中、手が震えたましたらアル中、そんな風に思う人もいるはずです。

ですがこの思い込みから

「自分は朝から飲まないし手も震えないからアル中じゃない」

と決めつけるのは早計です。アルコール依存症の身体的な変化はかなり末期になってからの場合が多いですし、朝から飲まないからアルコール依存症じゃない、なんて根拠はありません。

飲酒量をコントロールできない時点でアルコール依存症、もしくはその入り口にいます。そのような場合、少しでも早く断酒などの対策に取り組むべきです。

お酒で悩んでいる場合、まずは自分自身を客観視し、アルコール依存症を否認しないようにしましょう。

アルコール依存症の特徴カテゴリの最新記事