#NALP
断酒宣言はこちら≫
断酒コミュニティ≫

未成年(10代)で飲酒するとアルコール依存症になる確率(割合)は何%?

未成年(10代)で飲酒するとアルコール依存症になる確率(割合)は何%?

【未成年の飲酒は法律で禁止されています】

この文言を最近よくみかけます。「STOP!20歳未満飲酒」という広告を電車などでもみかけますね。

今回は未成年の飲酒はなぜ禁酒ダメなのか?という点とともに、未成年者(10代)がお酒を習慣的に飲むようになった場合のアルコール依存症になる確率(割合)に関する調査結果をご紹介します。

あわせて、なぜ未成年者飲酒はアルコール依存症になるのか、についても考察。

 

未成年=20歳未満の飲酒は法律で禁止されているのはなぜか?

未成年というのは文字通り、子供と大人の間の時期ですね。

この時期はすべてにおいて成長する時期ですから、アルコールが成長を阻害する要因となります。もっと具体的にいえば、アルコールは脳に影響を与えますから、未成年の段階で脳にダメージを受ける可能性が非常に高くなる、ということです。

ちょっと長いですが以下に引用します。

20歳未満の人は、お酒を飲んではいけません。

「未成年者飲酒禁止法」※という法律で禁止されていますが、それはアルコールが成長期にある身体にとって危険なものだからです。

まずアルコールには中枢抑制作用つまり麻酔作用があり、飲み方の経験も少なく、自分の「適量」もわからないので一度に多量に飲むと、急性アルコール中毒に陥ることが多いのです。また、アルコールを代謝する酵素の働きが、20歳未満の場合は弱いことも禁止される理由です。

そして最も重要なことは、アルコールそれ自体が成長期の身体に悪影響を及ぼすということです。20歳未満は成長期にある脳の神経細胞への影響が大きく、成長障害、性腺機能障害(生理不順、インポテンツ)の危険が高いのです。さらに、肝臓や膵臓などの臓器障害にも陥りやすいのです。また、20歳未満のうちから飲み始めると、アルコール依存症にもその分なりやすいという恐ろしさがあります。

だから、大きな夢が広がる子どもたちには、興味本位でお酒を飲むことは絶対しないでほしいのです。

出典:STOP!20歳未満飲酒

ご覧の通り、成長期である未成年期の飲酒は非常に悪い影響をあたえ、そしてのちの人生に大きな「負の遺産」を残す可能性があります。(未成年飲酒者のアルコール依存症については後述)

 

▼オススメ動画
SponsorLink

電子書籍発売中 オリジナル断酒書籍(電子書籍)、発売中!
無料立ち読み≫

未成年飲酒禁止法で未成年は罰せられない

ちょっと脱線ですが、未成年飲酒禁止法って具体的にどんな罰則があるかご存知ですか?

実はこれ、飲酒をした張本人、つまり未成年は法的措置をうけません。所持していたアルコール類を処分させられる、などはありますが逮捕歴などはつかないんです。(「未成年のときに飲んでた」と言いふらしても法には触れません。まぁ、自慢すればダサいだけです 笑)

誰が罰せられるか、というと大人の方。未成年と知りながらお酒を提供したり販売したお店、飲酒をとめなかった(飲ませた)人などが罰せられるんです。(50万円以下の罰金などが科せられます)

だからコンビニやスーパーでも年齢認証は厳しくなってますよね。最近は「30歳前後の方まで年齢確認をする場合があります」という注意書きもあります。

 

未成年者のうちから飲酒をはじめると40%の人がアルコール依存症になる

少し話がそれました。では本題。

未成年のうちからお酒を飲むことってありますよね。おそらくアルコール問題で悩みこのサイトに訪れてくれる人の半数以上は未成年のうちに数回は飲んでるんじゃないでしょうか?

とある研究結果なのですが、なかなか衝撃的なデータがあります。

アメリカの保健福祉省の調査によると、15歳になる前にお酒を飲むようになった人の約40%が、人生のある時点においてアルコール依存症の診断基準を満たすようになっていたそうです。調査では15歳未満とのことで、かなり若いわけですが、これは高校生のころから飲み始めていてもおおむね同じような数値なんじゃないかなと思うんです。

つまり、未成年で習慣的に飲酒を始めた人のうち、大人になってからアルコール依存症になる人はおよそ40%ということです。

 

10代で飲み始めた人はおよそ10年以内にアルコール問題(依存症含む)が発生する

マサチューセッツ州のCAB健康回復サービスで臨床治療責任者をしているマイケル・レビー博士によると

「一般的にティーンエイジャーが飲み始めて10年以内にアルコール問題が発生する」

と言っています。これは僕自身も思い当たるふしがあり、納得感のある数字です。(ぜひ周りの“飲み方がやばい人”に聞いてみてください、「初めて飲んだのは何歳?」って)

僕の周りの(アルコール依存症の疑いもふくめ)アルコールで問題を起こす人に話しを聞いた限りでも、多くの人は高校生くらいから飲み始め、社会人になり20代中頃から飲酒量が増え、問題行動が増えているそうです。

そして僕自身、17歳のときにはじめて自らお酒を飲みました。当時はまともに飲めませんでしたが、気がつけば25歳頃からお酒による問題がじわじわと発生していました。

 

10代の飲酒が特に深刻化するもう一つの理由

思春期・反抗期という時期は大なり小なり、そういう悪いことをしてしまうものです。タバコを吸ったり酒を飲んだり夜遊びしたり。10代の飲酒が脳や内臓にわるい。それは確かにそうですね。でも、みんながみんなおかしくなるわけじゃありません。

ではどうして深刻化する人がいるのか、というと、仲間内の人気者になれるからだと言われています。

CASA(国立依存症と物質乱用に関するセンター)の調査によると、10代の飲酒理由に「人気者になれる」という認知が大きな割合を占めている、という報告があります。

大人になってから考えるとあまりにアホみたいな理由で人気者になる人物っていますよね。1人だけ茶髪とか、変形服、制服の下に真っ赤なパーカー(!)をきてる、とか。笑

そういうヤンチャな人物は人気者になります。

そしてお酒やタバコもここに該当するんです。強いお酒を飲むほどにすごい奴扱いを受けます。カルピスチューハイより焼酎、焼酎より日本酒やウィスキー、みたいな。心当たりないですか?

10代というのは人生の中でももっとも自分探しや自分の立ち位置に迷ってる時期だと思います。つまり、承認欲求が満たされず悶々としてる時期です。

 

お酒を飲めることで認められ、承認欲求を満たす

そういうとき、コレと言った取り柄がなく自信が無い人の場合、お酒を飲むことで目立つことができます。さらにマズイことに、アルコールによって気が大きくなり、まわりからもてはやされてしまいと「お酒最高!」となるんですね。

つまり、「お酒を飲める自分」になることで承認欲求を満たしてくれるわけです。(今の時代それはSNSなどに変わったんでしょうね、だからお酒離れが進んでるのかもしれません)

 

最後に

  • 10代のうちから酒を飲み始め、アルコール依存症になる人はおよそ40%
  • そしてだいたい10年以内にアルコール依存症やそれに近いアルコール問題が表面化する

お酒を飲める、ということで「すごいやつ扱い」が余計に飲酒量増加に拍車をかけます。これは決して10代だけの話ではなく、大人になってからも同じです。

一気飲みができる、ロックで飲める、いくら飲んでも潰れない、それをみて「お酒強いんですね!」なんて言われいい気になり、さらに飲む。そんな経験のある大人も多いはず。はっきり言いますが、お酒をたくさん飲めたってなんにも偉くありません。

今は大丈夫でも、アルコールはじわじわと心と身体、脳を蝕んできます。

 

自分の飲み方に危機感を感じている場合、少しでも早く断酒した方が回復も早いです。今一度自分の飲み方を見直してみましょう。

断酒・禁酒カテゴリの最新記事