≫youtubeチャンネル
断酒コミュニティ≫

【アルコール依存症】辞めたいと思いつつ、酒を飲む人は危険

【アルコール依存症】辞めたいと思いつつ、酒を飲む人は危険

僕が断酒を決意した時、周りの酒好きは口をそろえて

「なんでやめるの?適度に飲めばいいじゃないか?」

と言っていました。そして、

「酒飲むのが悪いみたいな感じに思ってるのか?」

と言われました。

個人的な感想として、酒の飲み方が下手な酒好きほど、断酒禁酒する人間に対して攻撃的になる傾向にありますね。

 

断酒したけど…お酒自体が悪いとは思ってない!

まず最初に言いたいのは、お酒自体を悪者にするつもりはありません。例えばこれが覚せい剤とかであれば言語道断、悪とみなします。でもお酒は法律上も認められていますし、実際に上手に付き合えれば楽しいものです。

ですから、僕自身酒をやめるにあたり、酒を悪者とも思ってないし、お酒を飲む人のことを悪く思ったりはしていません

まあ、酒のんで悪酔いしたり絡んでくるやつはもともと嫌いですが。笑

 

お酒をやめたいと思いながら、それでも飲んでしまうお酒はすでに依存症の入り口

年末年始など年に一回くらい、お酒を飲みすぎて失敗し、

「ああ、最悪。記憶ないわ。もう酒やめよ…」

って言う人がいます。そういう場合の「お酒やめよ」っていうのはカワイイもんです。年に一回くらいはそんな日もあるでしょうし、残りの364日は普通に飲めてるなら全然OK。

でも、月に一回、ヒドイときは週に一回

「また飲みすぎて記憶ないわ…」

というようなことが続き、自己嫌悪に陥り、そして

「このままじゃあかん、絶対酒やめる」

と決意。それでもまた「今日は頑張ったし」とかなんとか言ってお酒の誘惑に負け飲んでしまう

これはもはやアルコール依存症の入り口に立っています。誰がなんというと、依存症の手前、もしくは片足突っ込んでます。

 

お酒を辞めたいと強く思いながら、それでも飲んでしまう人は本気で断酒に取り組むべきなんです

僕自身、2017年3月に酒をやめましたが、それまでも何度となく断酒禁酒を試みました。そして3日ともたず失敗

その繰り返しで酒量も増えましたし、記憶を飛ばすことも増えました。30代になり、子供もいるのに…です。

僕自身の経験を通して強く思うんですが、

「もう本当にお酒を辞めよう」と思う出来事が、3ヶ月に1回以上発生し始め、それでも飲んでしまうなら赤信号。

本気で断酒禁酒に取り組んでください。

 

最後に

このギャンブル依存症の映像を観てください。そして、この患者さんがパチンコに吸い寄せられそうになる部分をお酒に置き換え考えてみてください。

アルコール依存症は多くの場合、自己申告制です。そして、依存者は自分を客観視する能力がなくなり依存だと気づけなくなるんです。そうなる前に、本気で断酒について考えるべきではないでしょうか?

▼酒をやめるには、酒の本質をしりましょう

断酒・禁酒カテゴリの最新記事